プロフィール

加藤 あや
LCCSティーチャーカラーアナリスト
bright&smile代表

1983年生まれ。福井県出身。高校卒業後、営業事務として勤務する傍らパーソナルカラー診断を学び、bright&smileをオープン。「輝きと笑顔溢れる人生へ」をコンセプトに自宅でのパーソナルカラー診断、カラーアナリストの育成、企業での集客イベントを行う。
主な実績は、東山遊園株式会社 星が丘テラス(計4回)・株式会社 INAX・株式会社近鉄ホテルシステムズ 岐阜都ホテルなど(敬称略)。趣味は羊毛フェルトと刺繍。


2007年8月 bright&smileオープン
2008年9月 LCCSティーチャーカラーアナリストの資格取得
2009年4月 NHK『めざせ!会社の星〜失敗しない!オフィスメイク術』出演
2011年1月 AFT1級色彩コーディネーター(色彩検定1級)取得

ごあいさつ

はじめまして!加藤あやと申します。

≪輝きと笑顔溢れる人生へ≫をコンセプトに、カラーアナリストとしてパーソナルカラー診断やカラーアナリストの育成を行っています。

カタカナばかりでわかりにくくなっていますが、女性を対象に自分の魅力を発見し、それをファッションをはじめとする自己表現に活かすためのお手伝いをしている、というとわかりやすいかもしれません。


私は、自信を無くしがちだった10代の頃にパーソナルカラー診断と出会いました。
日本でよく知られているパーソナルカラー診断は、季節などのタイプに分ける方法。
しかし、私が出会ったLCCSの診断方法は、「ひとりひとりが生まれ持った似合う色をひとつずつ診断する」というものでした。

起業当初から、手作りのホームページとブログでの集客だけで県外からも数多くのお客様にお越しいただくことができました。一番遠いお客様はなんと熊本県から。

当時まだ23歳。講師と名乗っても驚かれる年齢だったにも関わらずお客様にお越しいただけた理由。

それは、LCCSの診断は「色を通してその人が本来持っている魅力がわかるもの」であり、「お客様自身がご自分の似合う色を見つけるためのコツまでお教えするから」だと思います。


この10年で、「パーソナルカラー診断を受けたことがある」という方と出会うことも多くなりました。
しかし、「どうでした?」とお聞きすると、「○○タイプでした」という答えばかり。

でも、私は正直自分が何タイプの肌だったか知っているだけでは意味がないと思っています。

「前に診断を受けたことがあるけどその後の色選びに活かせなかった」
「○○ベースだって言われたけど自分に自信が持てなくて…」
というお客様をたくさん見てきたからです。

そして、そうやってbright&smileにお越しくださったお客様が診断が進むにつれて曇り空が晴れたような表情になった瞬間、この仕事にやりがいを強く感じます。


自分で自分の魅力を認め、本当の気持ちと向き合うと、表情も行動も変わっていく。

それを見つける力も、胸を張って生きる力も、誰もが自分の中に持っている。


≪輝きと笑顔溢れる人生へ≫

これが、bright&smileのコンセプトです。



長所も魅力もひとつに絞らず、いろんな自分を楽しみながら生きる女性を世の中に増やしたい。

あなたと一緒に、「これからどんな自分で生きていこう♪」とワクワクしながらお話しできたら幸せです。